FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のご納車さん==初志貫徹!==

2014.07.15 *Tue
どうも最近は、、(歳のせいか、、)
自分がこれから選ぶバイクの第一条件は「軽い!」こと・・・
みたいなのが、潜在意識にあるんですよね

今日のご納車さんSさん(20代)が、
お父さんと一緒に、初めてドラッグスターを見にこられた時には
150センチそこそこでスリムなスタイルから
絶対軽いバイクがいい、と決めてかかった私は
DS250をイチオシ。
お父さんも「うんうん、これぐらいがいいね」と250をニオシ。
でも当のSさんの視線は心に決めている「マットグレーのDS4」に。

2回目もお父さんと一緒にご来店。
「やっぱり400がいいみたいで・・・もう一回見せて下さいね」と
DS4を またいで、起こして、最終確認されてるようでした。

3回目は、お一人で登場。
「決まってるんやったら、早く決めてこい、と父に言われました
と、ご契約いただいたのは、イチオシ、ニオシの外野の声を振り払っての「DS4」
乗りたいバイクに乗る! 
乗れるように自分が頑張る!

20140715_182435.jpg


そうですね、20代のSさんは、まだ守りにはいれませんよね。
チャレンジせずに夢をあきらめるわけにはいきませんよね。

納車整備の終わったバイクは、オイルやガソリンも満タン。
展示時より20キロほど重くなっている事に、一瞬不安がよぎったそうですが

初志貫徹で選んだ、マットグレーのDS4
駐車場で、力をこめてぐるっと方向転換して車の流れへと発進して行きました!!

めっちゃハンサムガールなSさん、応援してますよー
私も、なんかにチャレンジせんとあかんなー

今日のご納車さん==2人で新たなチャレンジ!!==

2014.07.12 *Sat
軽量コンパクトな「マジェスティS」の発売後、
実のところ
「ビッグスクーター」と呼ばれている250ccの「マジェスティ」の影が
ちょっぴり薄くなっちゃった時期があったのですが
ここのところ、ガッツリ元気復活してきました
その火付け役になってくれた、とも言えるのが
白いマジェスティを本日後納車した、Dさんご夫妻(40代)です。
20140712_124234.jpg


最初にご来店いただいたのは、もう2ヶ月も前のこと。
私の記憶では
「今日、夫婦そろって教習所の入校手続きしてきた帰り」と話されてたと思います。

奥さまの方が
若い頃からバイクに乗りたくて
そろそろお子様も、もの分かり出来る年頃になり
さあ、免許取りに行くわよ!!!と
一念発起
それを聞いたご主人も、だったら自分も一緒に行くぞー!!!
と、お2人一緒に「新しいチャレンジ」のスタートの日だったのです。

ご縁あって、その時ご案内した、白いマジェスティを奥様が一目ボレしていただき
まあ、その時は、もうちょっと冷静に考えてみます、と帰られましたが
順調に教習が進む中、2度目の来店でご購入を決められました。
2人ともミッションでの普通二輪を取得中なので
ご主人的には、マジェスティでよかったのかはわかりませんが
奥さまの事をまず第一に考えて
理解があって、優しくて、うらやましい限りのご夫婦でした。

ご契約後、白マジェ君も、
めでたく免許を手にしたお2人のお迎えを 店で待つこと、ほぼひと月
ついに、今日を迎えました。

乗って帰るのは、もちろん、奥さま。
ガチガチに緊張されてましたが
ご主人が車で、後ろをサポートしつつ
二人三脚のバイクライフに出発して行かれました。

お2人に、きっと、今までの人生では体験する事のなかった
キラキラする出来事が待ち受けていますように!!
ステキな40代ご夫婦のチャレンジに拍手!!


発売待ち遠しいMT-07!!

2014.05.25 *Sun
4月に新発売して以来、好評価をいただいているMT-09ですが
同時にMT-07へのお問い合わせも多くいただいてます。
メーカーの正式発表はまだですが2014年夏頃のリリースを予定している様です。
モーターサイクルショーでは、その姿をすでに披露してますが
先日、当店の長谷川工場長が販売店向け試乗会に参加してきました!!
そのホットな情報をお伝えしたいと思います!!



MT-07試乗インプレッション by 長谷川工場長
MT-07 

先駆けて発売されたMT-09の試乗会では
大型バイクとは思えない軽量コンパクトな車体にパワフルでトルクフルなエンジンを搭載した
その新しい走行感と完成度の高さには驚かされましたが・・

同じMTシリーズで新たに設計されたMT-07;ということで
MT-09の排気量を小さくした「弟分」的存在なのかと想像していましたが
良い意味で裏切られてしまいました。
全体的なデザインは似た雰囲気を醸し出していますが
ポジションやハンドリング、エンジン特性ではしっかりとキャラクターの棲み分けがされていました。

MT-09の時でさへ各インプレッションでも散々「軽量」と謳われていて
MT-07のさらなる軽さはある程度想像できていたのですが
実際またがってみるとやはり思わず笑ってしまう程軽いです
250cc並みと言ってしまっても言い過ぎではないかもしれません。

足つきも、内太ももが干渉する部分が大きく削られたシートのおかげで
身長175センチの私は両足かかとまでしっかりつきます。
小柄な女性ライダーの方も軽い車体と相まって
この足つきの良さは非常に大きな安心感につながるのではないでしょうか!
MT07 mt073.jpg 

その他、MT-09と比較すると
ハンドルは狭くて近く ステップもやや前で低め
コーナーリングでのハンドリングはより素直でクセはほとんどありません。
フレームのカッチリ感は強く無く
車体とサスペンションとタイヤがバランス良く旋回してくれるイメージです。
ステップへの体重移動にとても素直に反応してくれます。

mt074.jpg  
〔ちょっとここからは専門的になりますが〕
新開発のエンジンはクロスプレーンコンセプト2気筒270°
位相クランクの不等間隔爆発で適度なパルス感がとても好印象でしたが、
特筆すべきはその加速感です。
とにかく分厚く力強いトルク感があり、
低中回転域でどんどんシフトアップして加速していく走り方がぴったりのエンジンキャラクターです。
少し高いギヤのまま減速して再度アクセルを開けてもしっかりと車体を押し出してくれます。
そして、アクセルのON,OFFにとてもリニアに反応してくれて、
車体とエンジン特性のバランスがとても良かったのが印象的でした。


エントリーライダーや小柄な女性の方にはもちろんですが、
ビックバイクからハイスペックなバイクと 様々なバイクを乗り継いできたベテランライダーの方にも
この新しいジャンルのMTシリーズを是非お勧めしたいと思います。
CATEGORY : **MT-07

今日のお客様==大阪城のチャンピオン==

2014.05.15 *Thu
FMX(フリースタイルモトクロス)ってご存知でしょうか?
というより、普通にバイクに詳しくないかたに
「モトクロスってご存知ですか?」と聞くと
「あー、あの、高~~~く飛び上がるヤツね!」と
恐らく、頭で描いているのはFMXの事なんじゃないかな?

タイムで順位を競うレースとは異なり
制限時間内にトリックjと呼ばれる「技」の得点を競いあうゲーム。

そのワールドツアーが、エジプトのピラミッド前とか、モスクワの赤の広場など
超メジャーな地を舞台に開催されており
昨年2013年は、アジアで初めて大阪で開催され、
大阪城をバックにバイクが宙を舞っている写真や動画を
目にした方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

その大阪大会では、
世界の強豪を押さえ、日本人初、それも開催地大阪出身のライダーが優勝!!
という、劇的なドラマが生まれました。
もちろん、バイクはYAMAHA!!

その人、東野貴行選手が
来週末に迫った再び決戦の場となる大阪大会を前に
ご挨拶に来店されました。

東野選手からのメッセージ
日本でFMXがもっと認知されて
後輩がどんどん育つ事を願って
これからも
頑張っていきたいと思います。
みなさんも、FMXを
ぜひ観戦に来て下さい!!



東野選手のメッセージの通り
私自身、FMXは実際に見た事もなく、
ルールもまったくわかってないんですが
ライトアップされた大阪城に届かんばかりに
ジャンプしているバイクと
バイクよりさらに高く舞っているライダーの写真には
目を奪われ、心奪われ、、、

着地の瞬間、どんなワザで衝撃を逃がすんでしょう!?

地元大阪で見れるなんて、こんなチャンスはそうはありません。
チケットは指定席は完売、立見のみ残っているみたいですよ!

さあ!大阪城へGoooooooooo!!!!

Red Bull X-Fighters Osaka 2014のサイト
www.redbull.com/jp/ja/motorsports/offroad/stories/1331624961345/x-fighters-2014-osaka-announcement
東野選手ブログ
blog.livedoor.jp/taka_mm/
CATEGORY : レース関連

インターナショナルなGW

2014.05.03 *Sat
GW後半が今日からスタート!
当店も5日~7日まではGW休暇いただきますが
今日、明日はお仕事もうひと頑張りです!!

開店して少ししたころ
「Good morning!! オハヨウゴザイマス!」
と総勢8名の団体さんがご来店です。

インドネシアYAMAHA(YIMM)所属のレーシングチームの皆さんです。
20140503-2.jpg

来日目的は
7月の鈴鹿8耐に併せて開催される4耐に出場に向けて鈴鹿での練習のため。

当店母体のRC甲子園が、このたびインドネシアチームのサポートと指導にあたる事になり
当店を日本での活動の拠点とされる事になっています。

店内に飛び交う、インドネシア語と英語と通訳の方の日本語と・・・
まあ賑やかなこと!
いつも通りの点検修理にご来店のお客様も「なにごと!?」のご様子。
20140503-3.jpg

チームのライダーは若手の二人。
Imanuel Pratna(イマニエル) さんとRey Ratukore (レイ)さんです。
レイさんは、先月末に開催された国内レース(115ccと125ccクラス)で
それぞれのH1,H2で、優勝・準優勝・4位好成績を出しており
4耐での活躍が期待できます!

YAMAHAファンの皆さん、ぜひ、4耐では
この 「YIMM インドネシアYAMAHAレーシングチーム」にご注目、ご声援よろしくお願いします!!
20140503-1.jpg

CATEGORY : レース関連 | THEME : 女性ライダー | GENRE : 車・バイク

まさにリアルタイムなお話!

2014.04.09 *Wed
前記事、Hさんのご納車の翌日
オフをもらって女性限定のライディングスクールに参加したのですが・・

そこで、まさに、前記事の「リアル話」を菊く事になろうとは!!!

この日のスクールは、初心者対象で
バイク歴が浅い人がほとんど。
まず最初の自己紹介でも

・とにかく止まる、走る、のキホンのキホンから
・車線変更や右折がコワい
・一度路上で立ちゴケしてから怖くてバイクに乗れなくなった

などなど
ああ、自分も同じような悩みを持っていたな・・小さくうなずきながら聞いていると

ある方が・・・

「私は、全くバイクになんか興味なかったんです。
 それを 二人の息子が免許取りたい、ととんでも無いことを言い出しまして・・
 ダメ、ダメ!!!と猛反対しました。
 すると主人に・・主人も免許はないんですが
 
 『バイクの事、なにも知らない母さんが、ダメダメと反対しても
  何がダメなのか全く説得力がない、
  反対するなら、まず、お前が乗ってきなさい!!』

 と言われまして・・・
 思いもよらない展開でこの歳で教習所に通い・・
 苦難のすえに免許を取ることができたのですが
 
 今日は、早く息子たちと一緒に走りたいと、スクールに参加しました。」

という、素晴らしい自己紹介をされて、皆さんから拍手が起こりました。

特に、スクールの先生方と(その場的には一参加者なのになぜか)私が感動の大拍手!!!

なんて素晴らしいご主人の進言!(自分は免許がないのに)
そして、素直に教習所に通われたご本人の決断!


この話が聞けただけでも、スクールに参加した意義ありまhした!
スカっとしたというか、なにか目の前が明るくなったというか
普通の奥さんでも、バイクの魅力は必ず伝わるのだ、という感動!

きっかけなんですよね、きっかけ、なにか・・・

かって私が見た ママ友グループが免許をとって
バイクという翼を手に入れた、みたいなドラマを
またやってくれないものでしょうか・・

↓忘れもしない2005年、NHKでオンエアされた主婦がバイクに乗るというドラマ
私もこれを見るまでは、バイクなんて男性の乗り物だと思ってました。
それが見終わった翌日に、教習所に入校申し込みに行ったという「運命の出会い」でした!
「愛と友情のブギウギ」
http://www.nhk.or.jp/drama/archives/boogie/html_boogie_midokoro.html
CATEGORY : SHOP日記 | THEME : 女性ライダー | GENRE : 車・バイク

今日のご納車さん==BOLT女子第1号☆彡==

2014.04.06 *Sun
本日開催予定だったYAMAHA新型バイク試乗会が
なんと不運なことに、悪天候のため途中中止となり・・
泉大津の会場から 当店へと、
どどどど!!っと流れてきた男性ライダーさんたち注目の中を
ピッカピカのBOLTで凛!と走り出していった女性ライダー!!
1530417_626854100724983_456862017_n.jpg
Hさん(40代)です。

20代からバイクに乗り始め
結婚後もお子さんが幼稚園までは乗り続けるバイク女子でしたが
引越しを機にバイクを手放しブランク6年

そろそろまた乗りたいな・・・と思った時に
バイク雑誌の片隅に載ってた、めっちゃちっちゃな記事・・
まだ発売予定も公表されていなかった先取り情報の「BOLT」の写真を見て
「このバイクに乗りたい!!!」と一目ボレされたとか。
即、当店にご主人と共にご来店されましたが
その時には、まだ当店にもメーカーからの正式な情報が入っていない状態でした。

それから何度も足を運んでいただき
4度目のご来店で、無事ご契約いただきました。

発売以来、当店でも好調な出だしのBOLTですが
女性オーナーさんは、Hさんが記念すべき第1号!

でも、こうして、一目ぼれしたバイクでリターンを果たせた影には
お写真にもツーショットで写っている
ご主人の理解があってのこと、と心から感謝されてました。

撮影の時も、Hさんが「一緒に写ろうよ」とご主人に声かけされたのが
印象的でしたし
Hさんが乗りこまれた姿を見て
「かっこいいなあ、かっこいいなあ!!」と
ご主人が奥さんの晴れ姿を一緒に喜んでられるのもとってもステキでした♪

ほんとに、その通り。
女性ライダーが、家庭をきりもりしつつ
心おきなくバイクを楽しむには
ご主人、家族の理解あってこそ!!という事を忘れてはいけませんね。

でも、待てよ・・・
これは、逆もあてはまるわけで!!!

現在、バイク人口が減っている、というのが業界の最大の懸案ですが

「奥さんの理解がないので乗れない」ってのが一因にあるのかもーーー

バイクに乗らない奥さんに
バイクのすばらしさを伝えるのはとっても難しい事ですが
理解ある奥さんが一人でも増えるよう祈るとともに
私もママ友にアピールしていかなくっちゃ!と思うのでした・・・

MT-09先取り試乗会レポート!!

2014.02.14 *Fri
 
昨日、真冬の寒さの中、間もなく国内販売開始になる、超気になる「MT-09」の販売店向け試乗会に
当店、長谷川工場長が参加してきました!!

「乗りやすいパワフルな大型バイク」を探しているみなさんには待ってました!のレポートですよ!!

   

海外で一足先に発売され、現地でもとても高評価。
日本での発売が噂され、多くの方がまだかまだかと首を長くして待っていたあのMT-09、今月ついに国内モデルの発売が正式に発表となりました。
その独創的なスタイリングと新開発のクロスプレーンコンセプト3気筒エンジン、軽量な車体などで話題のMT-09。
はたしてその乗り味はどのようなものなのでしょうか?

MT09-1 MT09-2
まず、FZシリーズの様に大きく張り出したフューエルタンクと
非常にコンパクトなシートカウル、
エンジンを中心にギュっと詰め込まれたまとまりの良い独特なスタイリングが完成度の高さを予感させます。
MT09tank
上からみると存在感のあるタンクですが
ニーグリップ部分からメインシートにかけて大きく削り取られていてタンクのエラ下に太ももがスッポリおさまり非常にニーグリップし易いのが好印象です。

そして話題の3気筒エンジンですが、
まずエンジンを始動して驚いたのが吹け上がりの軽さです。
非常にレスポンスがよく軽快に元気に回ってくれます。
3気筒ならではの適度なパルス感があり、早く乗ってみたい!と思わずにはいられません!!

P1030055.jpg MT09-4

実は試乗前、FZ8みたいな感じなんでしょ?と自分で勝手にイメージしていたのですが
このMT-09は そのイメージとは全くかけ離れていて驚きました。
とにかく車体が軽く、重心が前に集中していて本当に思い通りにスイスイ曲がってくれます。
独特な乗車ポジションと幅広なハンドルの影響もあり、ガッチリしたモタードのバイクに乗っている様な新鮮な感覚でした。
FZシリーズがワインディングから高速ロングツーリングまでこなせる優等生なら、
このMT-09は軽快なフットワークとレスポンスの良いトルクフルなエンジンを武器にしたストリートファイターという感じでしょうか?

低回転の巡航では適度な心地良い振動を感じながらも一度アクセルを大きく開ければトルクで車体を力強くコォーンっと押し出してくれる力強さがあります。
そしてフロントブレーキを握り込んでいくと強烈なストッピングパワーのフロントブレーキと標準装着のハイグリップタイヤ(試乗者はブリジストンS20)と剛性感の有るサスペンションとの相性が非常に良くかなりのスピード域からでも難なく減速できます。
特にブレーキの性能はすばらしく、試乗コース内では指1本で十分だなと思ってしまった程です。

足つき性については、良い方だと思います。
175cmの私で、べったりとは着きませんでしたが
スリムで軽量なな車体のおかげで、不安感は全くありません!
MT09-5


「モタードとネイキッドの融合」とはヤマハの開発コンセプトですが、
このMT-09ほどコンセプトを具現化できたものは無いのではないでしょうか?
斬新なスタイリングと徹底した軽量化が実現した走行性能とヤマハの最新技術を体感できた試乗会でした。






以上、長谷川工場長のレポート、いかがでしょうか。
さすが、整備のプロならではの感想がぎっしり!!
これが女子部レポートだと
「オレンジ、想像以上にカッコカワイイ♪パープル大人カワイイ♪」ってカラーリングで盛り上がり!なところですが……


ぜひご購入の参考にして下さい(^○^)

長谷川工場長、お疲れ様でした!
CATEGORY : SHOP日記

01/20のツイートまとめ

2014.01.21 *Tue
yspom

今日、フツーにお客様として職場にサントリーサンバーズのスタンリー選手がバイクを見に来ました!といっても、男子バレーに明るい人でないと誰のことかわからないと思いますが・・... http://t.co/PgGf3Az8QK
01-20 17:59

CATEGORY : 未分類

教習所へご挨拶に

2013.12.19 *Thu
今日は
私の卒業校でもあり、
この仕事に就いてからも親しくさせていただいている
茨木ドライビングスクールに
年末のご挨拶をかねて
新発売になるバイクのポスターや
カタログを届けに行ってきました。
20131220001234c12.jpg

同時に
レディスライダー対象にしたイベント開催に
ご協力いただけないか
の相談という目的ももあったのですが・・

なかなか、バイクイベントの開催にも障壁があるようです。
たとえば
近隣への騒音問題とか、「バイク」という言葉だけでいい顔をされないとか

そうなんだなー・・・
ここは住宅街のど真ん中に位置しているので
苦情出て当然かも。

「バイクを自由に走らせる事のできる場所が、めっきり減ってしまった。
 自分も、できる限り、そういう場を提供してあげたいと考えているんだけれど」
と言う二輪トップの榎先生。

「暴走族、って呼ばれてたやんちゃな男の子でも
 ちそういう場所で、パイロンのコースを走らせたら
バイクの本来の楽しさに目覚めるんですよ!」
とも。

なんですね・・
わかる!わかる!
私も、まさにそうだから

(私はやんちゃなお兄ちゃんたちとは正反対の
バイクに全く興味の無かったごく一般的なおばちゃんの立場として)

女子部の皆さんを
「スクール行こう!行こう!」と誘うのは
学びに行く、のではなく
とにかく、バイクの楽しさを体感できると思うから。

安心して走れる広い場所で
おまけに、レベルを気にせず気楽な女性だけのスクールが最適なんです!

なんとか諸問題をクリアできる方法を模索して
来年、
施設も整ってきれいなこの場所で
女子ライダー対象イベントが実現できますように!

小雨がぱらつくあいにくの天気の中、
教習中の2台のバイク。

2台とも女性でしたよ
ガンバレーo(^o^)o
20131220001236917.jpg
CATEGORY : SHOP日記 | THEME : 女性ライダー | GENRE : 車・バイク

北摂 箕面 バイク


おすすめ!



ツーリング日和


-天気予報コム- -FC2-



ブログランキング

blogランキングに参加しました

FC2ブログランキング
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

ワンクリックしていただけたら嬉しいです♪



What's New!!!!



ツイッター



Contents♪♪♪♪



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

YSP箕面女子部

Author:YSP箕面女子部



過去の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



今日のできごと



フィジカルデータ



携帯からもご覧下さい

QR



Copyright © バイクでイイ女になる!!宣言 大阪箕面発 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。